虹の橋を渡った猫が眠る場所から彼岸花!その花言葉を知って涙が止まらない・・・

JPlichengcheng | 2019-04-02

皆さんはペットを飼っていたことはありますか? ペットは動物という枠を超え、 私達の家族の一員で皆さんにとってもかけがえのない存在だと思います。 そんなペットに関する、感動エピソードをご紹介いたします。 数ヶ月前に愛する猫が亡くなってしまい、 埋葬したというTwitterユーザーのみことさん(@kmhuk_pmr_k)が、

ある不思議な体験をしました。

なんとみことさんが猫を埋葬した場所から、

彼岸花が咲いたのです。

これは一体どういうことなのでしょうか?

亡くなった猫

飼い主がどんなに一緒にいたいと願っても、

ペットとの別れは必ず訪れるものです。

数ヶ月前に愛する猫を亡くしてしまった、

Twitterユーザーのみことさんも例外ではありませんでした。

猫が亡くなった後、みことさんは猫を埋葬しました。

埋葬してからしばらくたったある日、

みことさんが猫を埋葬した場所を見てみると、

なんと真っ赤な彼岸花が咲いていました。

亡くなった猫を埋めた場所に咲いた彼岸花に、

ただならぬ縁を感じたみことさんは、

彼岸花の花言葉を調べてみることにしました。

そしてその花言葉は、

思ってもいなかった猫からのメッセージだったのです。

なんと彼岸花の花言葉は、

「また会う日を楽しみに」だったのです。

これはきっと、

亡くなってしまったみことさんの飼っていた猫が遺した、

最後のメッセージなのでしょう。

 


彼岸花の意味

次に会う日を楽しみにしているほど、

この猫はみことさんのことが好きなんですね。

やはり大切な人やペットと何かしらのことで別れてしまったら、

また会いたい願う気持ちは人間も動物も変わりません。

このような猫の切実な思いをのせた言葉を受け取ったら、

思わずその場で泣き崩れてしまいそうになります。

みことさんはこの猫に、

とても愛されていたということが伺えますね。

彼岸花には「また会う日を楽しみに」という意味の他に、

「思うはあなた一人」という意味もあります。

亡くなってしまった猫は、

相当みことさんのことが好きみたいですね。

猫は普段素っ気なかったり、

ちょっと冷たいなと思ったりすることもありますが、

今回のことで改めて猫も飼い主を愛してくれるのだと感じました。

皆さんの中でも、

今までの猫に対する見方が変わったという人もいるかもしれません。



良い文の推薦

top